目標に至るプロセスも細かく見てこそ、人を活かす評価になる|成長支援部からの提言(第186話)

目標に至るプロセスも細かく見てこそ、人を活かす評価になる|専門コラム「成長支援部からの提言」

目標に至るプロセスも細かく見てこそ、人を活かす評価になる

(第186話)目標に至るプロセスも細かく見てこそ、人を活かす評価になる

表層的な成果のみで、社員の成長の芽を摘むのは成長が止まる会社
深層まで斬り込んで、社員の成長の芽を育むのが成長し続ける会社

目標に至るプロセスも細かく見てこそ、人を活かす評価になる

自ら目標を設定し、その目標に向けて一気に走り出す人もいれば、目標が定まっても、なかなか最初の一歩が踏み出せない人もいます。


弊社で展開しているコアコンセプト・マーケティングでも、自分の本質的な価値観であるコアコンセプトが見つかった後、すぐに成果を出す経営者もおられれば、具体的な成果が出るまで、時間のかかる経営者もおられます。

私の場合は後者。

自分のコアコンセプトが分かった後でも、それをサービス内容や日頃の行動に反映して、成果が出るまでにそれなりの時間が必要でした。


すぐに成果が出る場合は良いのですが、問題は成果につなげるまでに時間がかかる場合です。

その際に、よく使う手法としては、

目標に向かう段階を分けて評価すること

です。


例えば、セルフイメージ

自分自身のセルイメージをしっかり持つことは、ビジネスを円滑に進めるためには不可欠です。

しかし、セルフイメージができただけでは、なかなか物事が好転しない時もあります。


セルフイメージも4つの段階があると言われています。

1.認められる

2.表現できる

3.行動できる

4.人を巻き込める


つまり、

自分で「セルフイメージがしっくりくる」と認められる
 ↓
自分の「セルフイメージはこれだ!」と表現できる
 ↓
自分の「セルフイメージ通り」に行動できる
 ↓
自分の「セルフイメージ」で人を巻き込める

という4段階です。


まず、自分の中で腹に落とすことが出発点。

しかし、それが自分の中に留まっている限り、他の人には分かりません。


次に、セルフイメージを言葉にして発することで自分自身も再認識できます。

また、それを伝えた相手から反応をもらえることで、自分の自覚も更に高まります。


そして、よりしっくりしたセルフイメージで行動していると、「最近、ちょっと変わりましたね」と言われるように、周囲の見る目も変わってきます。


最後に、そのセルイメージ通りに首尾一貫して行動し続けていると、「あの人は面白そう」とか、「あの人の話を聞いてみよう」という人が増えてきて、影響力が出てきます。


仕事で成果が出てくるのは、3もしくは4の段階になってからです。

それゆえ、セルフイメージができたら、即効果が出るという訳ではなく、順番に4段階を上がっていくことで、気がつけば、成果も出ていたということになります。

一気に1から4までできてしまう人は効果が出るのが早いし、一つの階段を上がるのに時間がかかる場合は、効果が出るまでの辛抱が必要になります。


人の成長はそれぞれ

昨今は何事も早く成果を出すことが求められがちです。

けれども、第三者から見れば、一見成果が出ていないような場合でも、当人の中では少しずつ変化が出ていることが少なくありません。


0か1で判断するのはコンピューターの世界。

人が人を評価する時には、0か1ではなく、その人が徐々にでも、段階を上っているかどうかで多面的に判断しましょう

ますます人手不足になる時代、一律的な評価は成長の足かせです。


個々の価値観を深掘りして、セルフイメージを確立する「コアコンセプト・マーケティング」「こちら」をご参照下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、コラム更新時に「成長支援部からの提言」をメールでお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。



Tag: コアコンセプト セルフイメージ 人事評価 プロセス

コメント


認証コード1520

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional