奇特なスーパーマンは見つからない|成長支援部からの提言(第19話)

奇特なスーパーマンは見つからない|専門コラム「成長支援部からの提言」

奇特なスーパーマンは見つからない

(第19話)奇特なスーパーマンは見つからない

いい人が見つかるのは時の運
いい仕組みが見つかるのは時の力

中小企業に人が定着しない理由は?

クライアント先を訪問すると、経営者から

「誰かいい人いない?」

というご相談を受けることがあります。


ご希望する要件を聞いてみると

「人事の経験があって、総務もできて」

といったスキル・経験面から

「物事に柔軟に対応して、ストレスにも強く・・・」

といった資質・性格面まで、ご要望は多岐に渡ります。


一方で、予算をお伺いすると

「他の社員とのバランスもあるので、なんとか月30万円くらいで収めたい」

という感じです。


そんな時、私が経営者に申し上げるのは

「そんな都合のいい人はいません!」

中小企業の場合、

せっかく人を採用してもなかなか定着しない

ことがあります。


もちろん、大手企業に比べると

給料が低い

福利厚生が整っていない

ということも一つの要因かもしれません。


しかし、

せっかく人を採用してもなかなか定着しない

原因の一つとして

会社の現況と求める人材のミスマッチ

があります。


大企業では分業が進んでいて、

「人事の仕事はここまで」

とはっきり決まっていたり、同じ人事でも

「私は新卒採用が専門です」

「給料計算はAさんの担当なので」

というように専門分野に細かく分かれています。


仕事のボリュームが多いので、分業せざるを得ないということはあります。


しかし、一つ確実に言えることは

仕事を分業しても全体として仕事を回していくために業務フローを整備している

ということです。


例えば社員を1名中途採用するにしても

どこに人材募集の依頼をするのか

から、始まって

誰がどの順番で面接するのか

採用条件はどうするのか

を予め決めておかないといけません。


また、採用が決まった後でも

名刺の発注

座席、電話やパソコンの手配

社会保険関係の手続

通勤定期券の準備

給与振込口座の確認

など細かい業務を進めていかないといけません。


このように中途採用の手続を一つとってもかなり複雑で面倒です。


そして、中小企業で求められているのは

全体の業務の流れ

個々の業務の中味

の両方を理解し、実践できる人物です。


おそらく大手企業の人事部長は中途採用の全体の流れはご理解されています。


けれども、ご本人が

個々の業務の中味をどのくらい分かっているか

というと話は別です。


実務担当として細かい作業をやった人なら

個々の業務をスムーズに進めていくためのコツ

をつかんでおられるかと思います。


しかし、細かい作業は部下に任せ、

人事制度はどうあるべきか

といった全社的な問題に取り組んでいる方の場合、

細かい作業は案外苦手だったりします。


一方、

「ウチは名刺の印刷をB社に依頼しています」

というように、

個々の業務の中味

は、会社によってやり方が異なります。


そして、入社した人が最初に戸惑うのはこの

会社によって異なるやり方

の部分です。


特に中小企業の場合、

そのやり方が合理的かどうか

という観点よりは

「昔からずっとやっている方法です」

「前任者からそう教わったので」

「社長の知り合いの人に頼んでいます」

というように

属人的な要素で業務フローが決まっている

ケースが少なくありません。


そして、会社独自のやり方やルールが非合理的であればあるほど人は定着しません


つまり、中小企業では

全体の業務の流れと個々の業務の中味の両方をバランスよく理解し、実践できる

ことに加え、

会社独自のやり方をまずは受け入れる柔軟さ

が求められます。


ある意味マルチなスーパーマンが求められているのです。

これはかなり高い要求水準です。

そして、このような高いレベルの人を低い給料で雇うのは
めったに当たらない宝くじで一攫千金を狙うようなものです。


このため、私がお薦めしているのは

仕事を回す仕組みの構築

です。


もちろん、すぐにできるものではありません。

また、やっていく中で腹の立つことがあるかもしれません。

けれども、一つ一つ地道に努力を重ねていけば、着実にできるものです。


当たる確率が極めて低い宝くじにかけるのか
多少手間ひまがかかっても確実に目標に近づく仕組み作りにかけるのか。


決めるのは経営者ご自身です。


最後に今回のW杯で見事に優勝を遂げたドイツ代表のラーム主将の言葉をご紹介します。

「才能ある個人がいなくてもいい。
 大事なのは良いチームであることで、試合ごとに成長していくことだ。」


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、コラム更新時に「成長支援部からの提言」をメールでお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。



Tag: 社員教育 仕組み作り 業務フロー

コメント


認証コード5764

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional