ベストの結果はベストの工夫から生まれる|成長支援部からの提言(第14話)

ベストの結果はベストの工夫から生まれる|専門コラム「成長支援部からの提言」

ベストの結果はベストの工夫から生まれる

(第14話)ベストの結果はベストの工夫から生まれる

リソース不足は言い訳のネタ
一歩一歩の工夫の積み重ねが成功のタネ

ベストの結果はベストの工夫から

いよいよサッカーワールドカップが開幕。

ザックジャパンには何とか予選リーグを突破し、前回大会を上回る成績、そして、できればベスト4を目指してほしいですね。


さて、そのサッカー日本代表のユニホーム。

サムライブルーの青色が基調ですが、今回使用するユニホームには、肩の部分に蛍光色の赤線が入り、アクセントになっています。


ところで、このユニホーム、開発したアディダス社によると、

赤線を描くと塗料の分だけユニホームが重くなる
 ↓
数グラムの違いだが、1試合で10キロ以上走る選手には負担になる
 ↓
約50パターンのデザインを試し、全体重量を前大会の96グラムを下回る
90グラムに抑えた

そうです。(「日経新聞」参照)


あくまでベストを追求する姿勢。見習いたいですね。

さて、中小企業の場合、どうしても経営資源に限りがあります。


このため、

「ウチではそこまでできません」

「本当はやりたいけど、ちょっと難しい」

といったように、すぐに

できない理由

を口にする傾向があります。


しかしながら、

なぜ(Why)できないか

を上げだすと、きりがありません。


社員のレベルが低い

開発費が足りない

忙しくて時間がない ・・・


では、そんな会社に

優秀な社員が入る

お金を銀行から借りる

時間をたっぷり与える

という条件が備われば、いい商品ができるかと言えば、必ずしもそうとは言えません。


たいていの場合、

「期待していたけれど、思ったよりも出来が悪い」

「このくらいのお金じゃ全然足りない」

「もう少し時間があれば・・・」

というように、また新たに

できない理由

を探すことになります。


一方で、

なぜ(Why)できないか

ではなく、そこから更に一歩踏み込んで

どうしたら(How)できるか

を常に考え続けることで次への展開が生れます。


先のアディダス社にしても、

どうやったら赤線を描いてもユニホームが重くならないか

を四六時中考えていろいろと試した結果、

以前よりも6グラム軽いユニホーム

を完成させました。


そして、その背景には

ユニホームを着る選手にベストのコンディションで試合に臨んでもらうにはどうすればいいのか

という発想がありました。


大企業であっても、中小企業であっても

クライアントにとってベストなものは何か

を考える点では優劣の差はありません。


そのベストを目指して

自社がどこまでベストを尽くしたか

その一歩、一歩の積み重ねが勝負の分かれ目になります。


ところで、サッカー日本代表のユニホーム。

試合が始まる前に円陣を組んだ時、上から見ると赤線が一つの輪になります。


この輪は日本の特徴である「和」。

日本の技術力を結集した和の力に期待します。

★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、コラム更新時に「成長支援部からの提言」をメールでお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。



Tag: 業務改善 工夫の積み重ね リソース不足

コメント


認証コード8512

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional