言葉を紡いで相手に伝える|成長支援部からの提言(第149話)

言葉を紡いで相手に伝える|専門コラム「成長支援部からの提言」

言葉を紡いで相手に伝える

(第149話)言葉を紡いで相手に伝える

言葉足らずで意思疎通に欠けるのは成長が止まる会社
言葉を足して意思疎通に賭けるのが成長し続ける会社

言葉を紡いで相手に伝える

K:かつてない

A:安全性

Z:ざんす

年末年始にテレビで何回か見たクルマのCM。

タレントのDAIGOさんとキングカズこと三浦和良さんが共演しているので、
ご覧になった方もおられるかと思います。


その言葉のセンスは微妙ですが(笑)、私が気になったのは、
「かつてない」という言葉についていた注釈です。


その注釈とは

当社初

というものです。


CMに関して表記の規制があるからなのか、CMを見て文句をつける
クレイマー向けの対策なのかはよく知りません。

もちろん、某自動車会社のように、検査方法をごまかして
クルマの燃費をごまかすことなどは論外です。


でも、数値で表せない基準の場合はやや事情が異なります。

「かつてない」と言ってもそのニュアンスは受取る人によって様々です。
それに、そもそも何を持って「安全性」と言うかという問題があります。


以前あるクライアントさんに「どんな人を雇いたいですか」と質問をしたところ、

意をくんで

ちゃんと

やってくれる人

というお答えでした。

自分の意向を事前に察知して、いろいろと準備をして、質の高い仕事を
やってくれる人はどんな経営者も欲しいのではないでしょうか。


しかし、問題は、

  • 経営者の「意」は人によって違うし、時には経営者が「意」をまったく伝えていない
  • 「ちゃんと」という基準も経営者や会社によって異なる

ということです。


だから、経営者は

自らの「意」をしっかりと言語化して伝え続ける

とともに、

「ちゃんと」の基準も規定して、浸透させる

ことが必要です。


クルマのCMについていた注釈はややおせっかいな気もします。

しかし、会社で社員にやってもらいことがある時は、
「ここまで言わなくても分かるだろう」と経営者が思うぐらいでちょうど良いです。

同じ日本人、日本語なら伝わるという時代は終わりつつあります。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、コラム更新時に「成長支援部からの提言」をメールでお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。

コメント


認証コード5417

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.8 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional