成長支援部|経営者が自然体で力を発揮するための経営基盤

PDCAサイクルを回して継続的な会社の成長を実現

初めての方へ|ヒーズ株式会社

経営の本質は事業を続けること

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

はじめまして、
ヒーズ株式会社代表取締役の岩井徹朗です。


弊社が日々取り組んでいるのは、
中小企業がいかに安定して成長を続けていくか
ということです。


中小企業が事業を続けていくには、お金の問題は避けて通れません。

大手企業と比べて財務基盤の弱い中小企業が一番苦労するのはお金の問題です。


一方で、お金だけあっても仕事は回りません。

実際に仕事をするのは経営者を始めとする社員であり、税理士などの専門家の先生や、業務提携先等社外のたちの協力も不可欠です。


また、高度成長期と違ってモノを作ったら売れるという時代は終わりました。

そして、インターネットを始めとする情報の流通スピードの加速によって、昨年の人気商品が今年はさっぱり売れないということも日常茶飯事です。


今は1円でも株式会社が作れるようになり、ITの普及もあって、起業のハードルは格段と下がりました。

けれども、経営の本質は事業を続けること

たとえ、大不況が来ても、メインバンクが融資を断っても、また、右腕だった社員が急に退職しても、経営者は夢の実現に向けて歩みを止めることはできません


誰もが簡単に経営者にはなれる時代。

けれども、経営者が常に心の安定を保ちながら、安定的に経営を続け、着実に会社を成長させるのは、けっして簡単ではありません。


弊社ではPDCAサイクルを回す「超キャッシュフロー経営」を定着させ、たとえ会計が苦手な経営者でも経営に必要な数字をしっかり把握できることを目指します。

そして、社内に「成長支援部」の機能を作って、外部環境がどんなに変化しても負けない会社にします。


経営者が自然体で力を発揮し、会社が自立できれば、「小さくてもキラリと光る」会社になると私は信じています。


「経営者はたいへんだけれど、楽しい!」

「自分の頑張りと工夫次第で可能性は無限大!!」


夢の実現に向けて勇気を持って一歩踏み出した経営者を私も全力で応援します。


               ヒーズ株式会社
               代表取締役 岩井徹朗


成長支援部の概要は「こちら」です。

※「成長支援部」は弊社の登録商標(登録番号:第5702854号)です。






Tag: 自然体経営 事業継続 成長支援部

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional