http://www.basis01.com/swfu/d/I_140129_head_3.jpg

セミナーは無事終了致しました。

お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

積み木戦略セミナー 積み木戦略セミナー

飲食店の経営を長く続けていく上で大切なことは?

職人技が作り出す美味しい料理

キビキビ働くスタッフによる心地良い接客

居心地の良い小奇麗な店舗

そして、・・・・・。

飲食店に求められるのはディズニーランド超え?

講師の岩井徹朗です。

はじめして、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

私は経営者が作業に追われず、
仕事に専念できる仕組みを作る
ビジネス展開サポーターとして
日々中小企業の経営を
ご支援させていただいております。


私は昨年、ある店舗経営のためのセミナーに参加したのですが、
その際、講師の先生から言われたことは、

「ディズニーランドぐらいのホスピタリティでは全然ダメです!!!」


リピート客が多いことで知られる東京ディズニーランド。

お客さんがリピートする理由として
スタッフのホスピタリティが好事例としてよく紹介されます。


けれども、講師の先生曰く、

「皆さんは今年何回ディズニーランドに行っていますか?」


もちろん、中には毎週、毎月のように
ディズニーランドに行っておられる方もおられるかもしれません。


しかし、多くの方は年1回、もしくは半年1回くらいの
リピート客ではないでしょうか。

ちなみに私も東京ディズニーランドのリピート客の一人ですが、
ここ数年行っていません(苦笑)。

一方で、飲食店の場合、

一度来店してくれたお客さんが次に予約を入れるのが1年後

だとしたら、どうでしょうか?


毎日新規のお客さんが行列をなす人気店だったら問題はないかもしれません。


しかし、一般的には

週1回は来てくれる

もしくは、

少なくとも月1回はリピートしてくれる

お客さんがある程度見込めないと

お店の売上のメドが立たない

という状況になります。


このため、飲食店経営の場合は

年1回のリピート客でも商売が成り立つディズニーランドよりも
きめ細かいホスピタリティがないと、商売が上手くいかない

という訳です。

現金商売の落し穴

実は、お金の管理についても似たようなことが言えます。

飲食店は現金商売ですが・・・

飲食店の場合、

毎日ほぼ現金で売上が入ってくる

ので、なんとなく

儲かっている

ような気がしてしまいます。


この点、売上が上がっても、実際にお金が入ってくるのは翌月末という会社より
資金繰りの見通しを立てるという点ではより立てやすいかもしれません。


しかし、飲食店の場合には様々な制約があります。

定員30名のお店ではどんなに頑張っても100名のお客さんを入れるのは無理

ですし、

たとえ24時間営業をやっても、お客さんの回転率には自ずと上限がある

のが普通です。


また、

メニューを揃えるためには値段が多少高くなっても材料を仕入れなければならない

ことや、

忙しく時に人手が足りなくてせっかくの注文を取りこぼしてしまう

ということも日常的に発生します。


このため、いわゆるどんぶり勘定で経営を続けていると、

「今月のアルバイトの給料が払えないかも・・・」

「売上は昨年より1割増えているのに利益は逆に減っている」

「そろそろ店舗を改修したいが、手元にお金が残っていない」

という事態にもなりかねません。


そして、売上が先に手元にある分、

お金が足りないと気づいた時点ではもはや遅い

のです。


つまり、飲食店経営の場合には

一般の会社よりもきめ細かくお金を管理しないと商売が上手くいかない

と言えるのです。

「積み木戦略」で安定した経営を!

しかし、残念ながら飲食店経営者の中には

「お金の管理は苦手」

「経理についてはまったくチンプンカンプン」

「銀行から借入したいが、どう対応したらいいかよく分からん」

という方も少なくありません。

積み木戦略

そこで、今回飲食店経営者向けに

「飲食店経営者のための積み木戦略」

というテーマでセミナーを開催致します。

セミナーでお伝えする内容は以下の通りです。

[check]理想的な飲食店経営者とは?

[check]飲食店におけるお金の動きの特徴とは?

[check]下から目線で考える「積み木戦略」とは?

[check]御歳63才の名経営者のビジネスモデルとは?

[check]銀行との借入交渉をスムーズに行うには?

[check]お蕎麦屋さんの事業再生計画

です。

「数字は苦手」という飲食店経営者の方にも

飲食店経営を5年、10年と続けていくために最低限度抑えておくべきポイント

について分かりやすくお伝えします。


料理の職人技、接客マナーに店舗という器。

そこにほんの少し、

お金と向き合う時間

を加えていただければと思います。

セミナーの概要

講師の岩井徹朗です。

■「飲食店経営者のための積み木戦略」

  【講師】ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗
     (プロフィールは「こちら」

■日時:平成26年2月18日(火) 14:00~17:30

  (当日は13:30より受付を開始します。)

■場所:東京都千代田区神田神保町3-2

    東宝土地(株) 高橋ビルヂング 3階貸し会議室

   →場所は「こちら」です。 ※地下鉄神保町駅A2出口徒歩2分です。  

■参加費:(事前振込) :15,000円

  なお、日本飲食店パートナー協会(JFPA)の会員の皆様は
  特別ご優待価格10,000円でご参加いただけます。

■人数:先着8名様

お申込みはこちらをクリックして下さい。

お客様の声

飲食店経営者向けセミナー

飲食店経営者限定セミナーとして
開催するのは今回が初めてです。

ただ、以前同じテーマをセミナーでお話した際、
ご参加いただいた皆様からは
以下のような感想をいただいております。

借りると返せる事業計画の大切さを痛感しました!
 (太田様:太田会計事務所)

事業計画を下から作る考え方が目から鱗でした!
 (町田様:篠原商店)

サイトをずらしたビジネスモデルがとても参考になった。
 (南出様:株式会社T&D)

事業計画の考え方がとても勉強になりました!
 (新井様:個人事業主)

時間を意識した事業計画を進めようと思います。
 (長谷川様:ダイレクトコンシューマサービス)

3つの視点の事業計画が良かった。
 (福本様:総合司法書士・行政書士事務所)

価格、数量、時間から考える事業計画が印象的でした。
 (長畑様:株式会社アイダスユニバーサル)

事業計画書を早速作ります。
 (細谷様:株式会社シェアリング)

なぜ、その売上が必要かということが明確になる気がします。
 (阿保様:株式会社CSS・マーケティング)

「お金が返せる事業計画」の大切さ!身にしみます。
 (川島様:株式会社リプレ)

日々を決算し、使える、使い続ける資金繰り表を作成します。
 (佐藤様:有限会社ジャイロ)

お申込みはこちらをクリックして下さい。

セミナー参加特典

セミナーにお申込みいただいた方に、

をプレゼントいたします!


また、セミナーにご参加いただいた方は

を、本セミナー終了後6ヵ月間に限り

1回は無料

でご利用いただけます!!


プレファイナンス作戦会議とは

[check]銀行に事業計画を説明するのは、初めてなので不安だ

[check]以前銀行に融資を申込んだが、断られてしまった・・・

[check]数字は苦手なので、銀行員から質問された時、どう答えればよいのか教えてほしい

そんな経営者の方向けに経営者が作った事業計画を説明してもらい、
今回講師を務めさせていただく岩井徹朗が銀行員や投資家の立場で質問する
ロールプレイングのサービスです(1回90分)。

セミナーで学んだ後は御社の事例に即した形で個別にフォローアップさせていただきます。

お申込みはこちらをクリックして下さい。

ご質問やお問い合わせはこちらから

本セミナーについて何かご質問等のある方はどうぞ遠慮なく下記までご連絡下さい。

皆様とセミナー会場でお会いできるのを心より楽しみにしております。

■ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK